2015年04月08日

鳥見

今日の八瀬川。

15_04_08a.jpg 15_04_08b.jpg 15_04_08c.jpg

カモの表情は愛くるしくて、いつ見ても癒されます♪
posted by ちちぺん&ぽーとろいど at 22:34| Comment(0) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月02日

ヒレンジャク

先日のブログで取り上げた「ヒレンジャク」について、母島で撮影された画像をいただきましたので掲載します。

15_04_02a.jpg 15_04_02b.jpg

Pさんのお友達の皆様、ありがとうございました!
posted by ちちぺん&ぽーとろいど at 18:18| Comment(0) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月26日

ヒレンジャク

母島に、100羽ほどのヒレンジャクの群れが来ているとの情報が入ってきました。いいないいな!うらやましい!

なんとか父島にも来てくれないものだろうか?父島で見かけた方はぜひご一報ください!
posted by ちちぺん&ぽーとろいど at 22:22| Comment(5) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月25日

葉から芽

ハカラメ。正式名はセイロンベンケイソウ。現在、島のあちこちで花を咲かせています。

15_03_25a.jpg 15_03_25b.jpg

名の通り、「葉から芽」が出る不思議な植物で、お土産品としても人気です。小笠原から持ち帰り、育てている方も多いのではないでしょうか?

つい先日、「何年かかっても花が咲かない・・・どうすれば咲くの?」とご質問をいただきましたが、これはハカラメの性質が原因です。ハカラメは、秋になり日照時間が短くなると花芽をつける性質があります。室内で育てていると照明等のせいで、ハカラメは季節が変わったことを認識できません。そのため花芽がつかないのです。

対策としては、箱で遮光するなどして人工的に日照時間を短くしてやる。もしくは、11月下旬頃までは(冬になるまでは)霜を避けられる戸外で管理する。そうすることで花芽がつきやすくなるそうです。花が咲かずにお困りの方はぜひ試してみてください。
posted by ちちぺん&ぽーとろいど at 22:57| Comment(0) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月24日

速報!オガサワラヒメミズナギドリ!

鳥マニアにはたまらないニュースが飛び込んできました。


『幻の鳥、小笠原諸島で確認 オガサワラヒメミズナギドリ』

 「世界的な希少種の海鳥・オガサワラヒメミズナギドリの営巣地が小笠原諸島の東島で見つかったと、森林総合研究所などのチームが24日発表した。世界で初めてとしている。(中略)
 この鳥は父島の集落で保護されたり、死骸が見つかったりしたことはあったが、自然の状態で生息している姿や営巣地は確認されていなかった。約20年前に北太平洋のミッドウェー諸島で観察されたのを最後に一時は絶滅が疑われたが、小笠原諸島で見つかった正体不明の鳥が同一種であることが3年前にわかった。」

記事全文はこちら。(朝日新聞)


小笠原諸島の面目躍如ですね(^^)v
posted by ちちぺん&ぽーとろいど at 23:39| Comment(4) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月23日

ビーデビーデ

本土に春の訪れを告げる花と言えば桜ですが、小笠原に春の訪れを告げる花と言えば・・・

15_03_23a.jpg 15_03_23b.jpg 15_03_23c.jpg

ビーデビーデ。正式名はムニンデイゴです。ネットで調べると「南洋桜とも呼ばれる」とか出てきますが、ワタクシ島育ちなのにそんな呼び方したことありません(爆)。

気付けば3月ももう下旬。小笠原の短い春は油断してたらあっという間に過ぎてしまいます。涼しい今のうちに山歩きを楽しむべし!
posted by ちちぺん&ぽーとろいど at 11:41| Comment(0) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月22日

ハシナガウグイス

小笠原諸島の固有亜種・ハシナガウグイス。警戒心は意外と薄く、人の近くまで寄ってきたりしますが、暗い場所に棲んでいて動きが早いので、いざ写真を撮ろうとすると結構苦戦させられます。今日はそんな難敵に戦いを挑んできました(笑)。

声はすれども姿は見えず。探すこと15分、ようやく姿を現したウグイス嬢は、今日も遠くて暗い場所にいました。

15_03_22a.jpg

ハシナガウグイスは、ウグイス定番の「ホーホケキョ♪」という鳴き方をしません。「ホーホゲッ♪」とか「ゲギョゲギョ♪」とか、ブサカワな声で鳴きます。ごくたまに「ホーホケキョ♪」という綺麗な声が聞こえますが、小笠原でその声は逆に違和感です(笑)。

15_03_22b.jpg

レアな飛翔姿を激写!高感度撮影に弱いコンデジで撮ったのでノイズバリバリですが。

15_03_22c.jpg

手強い奴と戦うのは面白い!明日も撮りに行こうかな!(笑)
posted by ちちぺん&ぽーとろいど at 11:38| Comment(0) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月16日

果樹

春を迎え、庭の植物たちが実をつけ始めました。


君たち♪

15_03_16a.jpg
キウイ♪

15_03_16b.jpg
パパイヤ♪

15_03_16c.jpg
マンゴだね♪


さて間違いはどれでしょう?
posted by ちちぺん&ぽーとろいど at 13:41| Comment(1) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月15日

望遠野郎

一昨日、オガサワラノスリを撮れなかったので、今日はリベンジ撮影をしてきました。

15_03_15a.jpg 15_03_15b.jpg 15_03_15c.jpg 15_03_15d.jpg

今日の子はシャイじゃないのか(笑)、割と近くまで降りてきてくれました。とは言え、遠いことに違いはありません。

鳥撮影には望遠側はあればあるだけ有難いです。そんな望遠マニアの興味をそそるデジカメが先日発表されました。その名は「NIKON COOLPIX P900」。光学83倍の超望遠ズーム搭載で、その焦点距離は驚きの2000mm相当だそうです。これだけの望遠になってしまうと、被写体をフレームにおさめるのが物凄く大変そうですが、一度試してみたいです。これから来島される方で購入予定の方はいらっしゃいませんかね?(笑)
posted by ちちぺん&ぽーとろいど at 23:51| Comment(2) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月13日

鳥見

本日、父ペン裏庭に現れたのは・・・

15_03_13a.jpg
常連客のメジロさん

15_03_13b.jpg
これまた常連のイソヒヨドリさん

15_03_13c.jpg
滅多に来ないジョウビタキさん

ウグイスさんは声はすれども姿は見えず。
ノスリさんはシャイなので低い位置に来なくて写真は撮れず。
ヒヨドリさんはやかましいので写真はあえて撮らず(笑)。

それにしてもFZ1000はよく写ります。久しぶりの良い買い物でした(^^)v
posted by ちちぺん&ぽーとろいど at 14:49| Comment(2) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月25日

ホエールウォッチング!

ホエールウォッチングは今が最盛期!なのでウェザーステーションに行ってみました。

15_02_25b.jpg

霞んでいましたがなんとか母島も見れました。

15_02_25a.jpg

期待通り、あちこちでジャンプしていましたが、距離がかなりあり、霞んでもいたので、なかなか思うようには撮れません。シャッタースピードの設定も間違えたしww

超望遠撮影はファインダー内に被写体を収めるのがとにかく大変。思い切って照準器を買っちゃおうかなぁ。
posted by ちちぺん&ぽーとろいど at 16:28| Comment(0) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月07日

FZ1000

庭でムチムチと草むしりをしていると、遠くの木に見慣れぬ鳥がやって来ました。「もしやあれはレアなハシグロヒタキ?それとももっとレアなイナバヒタキ?だとしたらもうたいへーん!」慌ててカメラを取り出して撮ってみると・・・

hitaki01.jpg hitaki03.jpg hitaki02.jpg

残念!ジョウビタキでした〜(苦笑)。本土ではごく一般的な鳥ですが、小笠原ではあまり見ることが出来ません。レアな鳥ではありませんでしたが、そこそこキレイに撮れたので良しとしておきましょう。

今回の撮影機材は、先日の上京時に衝動買いしたパナソニックの「DMC-FZ1000」というコンデジです。私は一眼レフユーザーなので、コンデジを買うのは久しぶりだったのですが、使い勝手が良いうえに良く撮れるのでビックリしています。技術の進歩は本当にスゴイですね。しばらくは一眼レフは封印して、このカメラで遊びまくりたいと思います。
posted by ちちぺん&ぽーとろいど at 23:19| Comment(3) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月26日

鳥見

天気の悪い日が続いています。昨日も今日も小雨が降ったり止んだりです。夜になって風も強まってきました。

そんな天気ですが、「カワセミがいた!」との情報をいただいたので、探しに行ってみました。しかし残念ながら見つけることは出来ませんでした。雨にも負けず風にも負けず、明日再挑戦したいと思います。

13_12_26a.jpg
左はミユビシギ、右の2羽はキョウジョシギ

 13_12_26b.jpg
コチドリ

13_12_26c.jpg
右はホシムクドリ、左の3羽はムクドリ

ここのところ風の強い日が多いので、もしかしたら珍客が現れるかも・・・っていうか現れてほしい!年末年始に来島される鳥好きの方は、長玉を持ってくるのをお忘れなく!
posted by ちちぺん&ぽーとろいど at 21:26| Comment(0) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月06日

セキレイ

天気が良いので今日も鳥見に行きました。ですが渡り鳥はほとんど見れず。ホシムクドリも今日はいませんでした。

13_12_06b.jpg 13_12_06c.jpg

左:キセキレイ、右:ハクセキレイ。この子たちも一応渡り鳥です。本土ではどちらもよく見られる鳥ですが、小笠原ではキセキレイのほうが珍しいように思います。

聟島では、ハヤブサミサゴツミ等が観測されているそうです。猛禽類好きの私からすると何ともうらやましい!父島までやって来ないかなぁ。
posted by ちちぺん&ぽーとろいど at 21:44| Comment(2) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月05日

ホシムクドリ☆リターンズ

昨年に続いて、今年もまたホシムクドリがやってきました。

最初は地面にいたのですが、さすがに警戒心が強く、あまり近づくことは出来ませんでした。ですが樹の上にとまっている時は余裕で構えているので、楽勝で近づけました。

13_12_05a.jpg 13_12_05b.jpg 13_12_05c.jpg
(情報をお寄せいただいたK野さんありがとうございました。)

去年と比べると雲泥の差の会心ショット!(笑)
今日の格言「鳥を撮るには樹の上にいる時を狙え」・・・って考えてみれば当たり前の話?(苦笑)
posted by ちちぺん&ぽーとろいど at 01:00| Comment(5) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月17日

カンムリカイツブリ

「珍しい鳥がいる」と情報をいただいたので、久しぶりにカメラを抱えて出動してきました。

13_11_17a.jpg 13_11_17b.jpg 13_11_17c.jpg

カンムリカイツブリ@奥村川。本土ではわりとよく見られる鳥のようですが、小笠原では滅多に見られない激レアな鳥です。まさにところ変われば、ですね。

冬が近づき、渡り鳥の季節がやってきました。去年は頻繁に鳥探しに行きましたが、今年は今日が初出動。これからペースを上げていかなくては!今年もレアな鳥にいっぱい会えるといいなぁ。


◎昨年出会ったちょっとレアな渡り鳥たち
ハシグロヒタキ」、「トウネン(フラッグ付き)」、「エゾビタキ」、「ホシムクドリ」、「ツバメチドリ」、「セジロタヒバリ」・・・など。
posted by ちちぺん&ぽーとろいど at 21:07| Comment(2) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月22日

ベニヒメトンボ

ポートロイドの庭に一匹の赤いトンボが・・・

image/2013-08-22T19:02:41-2.jpg

拡大してみると・・・

image/2013-08-22T19:02:41-1.jpg
(携帯電話での撮影につき画像が荒いのはご勘弁)

ベニヒメトンボです。若い個体なのでこんな色ですが、何日かすると全身真っ赤になります。広域分布種ですが、実は日本では小笠原だけでしか見れない貴重なトンボです。

小笠原の赤トンボというとシマアカネが有名ですが、現在は父島、母島、南島等ではシマアカネを見ることはできません。島民の方が「シマアカネを見つけた!」とか、観光客の方が「ガイドさんがシマアカネを見せてくれた!」と仰っていることがありますが、残念ながらそれは誤りで、その赤いトンボの正体はほぼ100%の確率でベニヒメトンボです。もしシマアカネであったとしたら世紀の大発見ということになります。

父島からシマアカネがいなくなった原因はグリーンアノールだと言われています。元々はペットとして持ち込まれたトカゲなのでとても綺麗なのですが、強すぎるのが玉にきず。写真の被写体としては最高なんですけどね・・・。

13_08_22a.jpg
幼いグリーンアノール
posted by ちちぺん&ぽーとろいど at 20:33| Comment(2) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月06日

ハシナガウグイス

13_08_06a.jpg

ハシナガウグイス。小笠原に生息する固有亜種。個体数は多いのですが、小さいうえにすばしっこく、暗い所にいることが多いので、写真を撮るのは意外と難しかったりします。

「世界遺産の島・小笠原諸島には、3タイプのウグイスがいた!」
http://www.ffpri.affrc.go.jp/research/saizensen/2013/20130530-01.html

13_08_06b.jpg

一方、メジロは明るい所にいるので撮るのはとても楽。それこそ携帯でも撮れます。普段は鳥を撮らない人もぜひ挑戦してみてください♪
posted by ちちぺん&ぽーとろいど at 20:23| Comment(4) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月30日

(続)アカガシラカラスバト

7月21日のブログでお伝えしたアカガシラカラスバトですが、思いがけない展開を見せています。

足環をつけていないうえに車の下に潜り込んで危ないので、IBOさんに保護をお願いしたのですが、IBOさんが来た時に現れたアカポッポは足環装着済みの個体でした。どうやら複数のアカポッポが出入りをしていたようです。

そしてその足環装着済みの個体はなんと足を負傷していました。治療のため上野動物園に緊急搬送され、診断の結果「右下腿骨遠位端の斜骨折」が判明しました。治療方法についてはこれから検討されるそうです。

13_07_30a.gif
世にも珍しいアカポッポのレントゲン写真

私が最初に見た足環無しのアカポッポは、ここ数日現れていなかったのですが、今日久しぶりに現れました。警戒心ゼロの様子で電線に止まっていました。

13_07_30b.jpg 13_07_30c.jpg

なおアカポッポはうちの近所だけでなく、大村の至る所で目撃されています。同じ個体なのか別の個体なのか、IBOさんも判別に頭を悩ませているそうです。足環未装着の個体を見つけた方はIBOさんまでご一報くださいとのことです。アカポッポと人間が共存できる街になるよう皆様のご協力をお願いいたします。
posted by ちちぺん&ぽーとろいど at 19:10| Comment(0) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月21日

アカガシラカラスバト

昨夏に引き続き、今夏も大村の集落内にアカガシラカラスバトが出没しています。今日はなんとポートロイドの庭に現れました。間近でじっくり見れて結構嬉しいっす♪

13_07_21a.jpg 13_07_21b.jpg 13_07_21c.jpg

足環をしていないので、今年生まれた幼鳥だと思われます。明日も撮影に励もうっと!(笑)
posted by ちちぺん&ぽーとろいど at 21:38| Comment(5) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。