2016年07月21日

新船効果

今日は入港日、今便から着発運航が始まりました。入港時刻は10時50分、乗船客数は373名。先便に続いてちょっと物足りない人数です。

新船になったら来島者数が激増すると見込んで、ガイドや宿など新たに商売を始められた人も多いようですが、今のところ新船効果はそれほどでもないと言わざるをえません。以下、今年と一昨年の乗船客数の比較です(昨年は台風欠航が相次いだため一昨年との比較)。

【左:今年、右:一昨年】
7月1便 647名 490名
7月2便 590名 530名
7月3便 357名 467名
7月4便 373名 547名

とは言え、航行時間の短縮、船内快適性の向上、大型化して揺れが少なくなった等、利点はたくさんあるわけですから、先行きが暗いわけではありません。口コミでじわじわ増えていくことに期待したいですね。
posted by ちちぺん&ぽーとろいど at 21:34| Comment(0) | 小笠原の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。