2015年11月13日

久里浜寄港便

今日は入港日、今便は久里浜寄港便です。入港時刻11時40分、乗船客数260名で、そのうち32名が久里浜からの乗船者でした。寄港の労力を考えたら、ちょっと少なすぎるような気がします。どういう方法で周知しているのでしょうね?

ちなみに次便も久里浜寄港便です。次便は三連休絡みなので今便よりは多くなるのかな?注目です。
【関連する記事】
posted by ちちぺん&ぽーとろいど at 21:03| Comment(2) | 小笠原の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
久里浜寄港便は閑散期対策なのでしょうか?
夏休みの初めとか、終わり頃に運航してくれたら助かる島民は少なくないはず!
まあ、自分が利用したいってことなんですけど(笑
Posted by くろざえもん at 2015年11月14日 20:31
最初の久里浜寄港便は2009年11月18日。以後ずっと11月に行われていますが、2013年からは上半期にも行われるようになりました。
おそらく閑散期対策という意味合いが強いんだと思います。

久里浜に限らず寄港便は、そこで降りる必要のない人にとっては、言葉は悪いですが邪魔な存在です。
寄港の手間のせいで到着が30分遅れてしまうわけですからね(時刻表にも記載されるようになりました)。

久里浜便は館山便とかと比べると利便性が高いので、あまり混む時期にやって大勢の人が乗下船するような事態になると、海運さんが捌ききれないのではないでしょうか?到着も30分遅れじゃ済まなくなりそうですし。

ところで、新おが丸も各種寄港便はやるんですかね?船体が大きくなるけど接岸出来るのかしらん?
Posted by ちちぺん&ぽーとろいど at 2015年11月16日 18:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]