2015年11月05日

中国船

思えば、去年の今頃は、中国のサンゴ密漁船に振り回される毎日でした。そして一年経ち・・・。

『中国サンゴ漁船 今秋はほとんど確認されず』
 「去年の秋、日本近海には中国のサンゴ漁船が大量に押し寄せ、一時およそ200隻に達しましたが、ことしの秋はほとんど確認されておらず、海上保安庁は取締りの強化や外交ルートを通じた中国側への働きかけが効果を生んだと分析しています。
 中国のサンゴ漁船は、去年10月下旬から11月上旬にかけて、小笠原諸島周辺に一時およそ200隻が押し寄せ、海上保安庁などが違法な操業の取締りを強化するなど、大きな問題となりました」
(NHKニュース 全文はこちら

安保法案の成立に際しては、この出来事に対して色々な意見が飛び交いました。

『「安心できる」「中国の脅威、分かっていない」…国境の島では安堵と苦言』
 「安全保障関連法案が衆院特別委で可決されたことを受け、昨秋の中国漁船によるサンゴ密漁に悩まされた小笠原諸島(東京都小笠原村)や、中国公船の領海侵犯が常態化し、法案の成立を望んできた尖閣諸島(沖縄県石垣市)の周辺では、安堵(あんど)の声とともに、現場の危機感をくみ取れない国会への苦言も相次いだ。」
(産経ニュース 全文はこちら

いずれにせよ、当時の対策は後手後手で、小笠原の赤サンゴは壊滅的な被害を受けました。中国船の横暴な振る舞いは、いま思い出しても本当に腹がたちます。絶対に許すことはできません。
【関連する記事】
posted by ちちぺん&ぽーとろいど at 21:28| Comment(3) | 小笠原の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>ことしの秋はほとんど確認されておらず、海上保安庁は取締りの強化や外交ルートを通じた中国側への働きかけが効果を生んだと分析しています。

えーっ?本当かな。
根こそぎ盗り尽くしたから、もう用済みってことで来ないんだと思ってました。
Posted by くろざえもん at 2015年11月07日 21:42
そもそも目的は珊瑚ではなく、別のところにあったということでしょう。
Posted by ペーパーリピーター at 2015年11月08日 16:03
小笠原サンゴの密漁のために、台湾船が昔からよく来ていましたが、最近はどうなんでしょうね?
Posted by ちちぺん&ぽーとろいど at 2015年11月09日 23:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]