2015年09月04日

小笠原怪獣ランド

掲示板にも書きましたが、小笠原諸島を舞台にした「怪獣の教え」という舞台が行われるそうです。

『小笠原諸島の青い海。海の上を漂う一隻の船。船の上には二人の男。国家の秘密を暴露して、政府から追われる天作(窪塚洋介)。パラダイスで生きることの葛藤を胸に抱く、島育ちのサーファーの大観(渋川清彦)。天作は東京で事件を起こし、島へ逃げて来た。従兄弟の大観に船を出してくれるように頼んだ。何か事件を起こして無人島にでも隠れるのだろう、と大観は思っていた。しかし、天作の目的は別にあった。祖父から教えられた、「怪獣」を蘇らせることだった。一隻の船に乗り込むと二人は海へ出る。昨夜、二人はひとりの女性と会った。世界の島を転々としながら暮らす、アイランドホッパーのクッキー(太田莉菜)。クッキーは怪獣の教えの秘密を知っていた……。』

壮大なような、ありきたりなような。(^_^;) 怪獣ってこれのことかしらん?

窪塚洋介さん、来島されていたんですね。全く知りませんでした。「ボニンブルーに抱かれた小笠原で過ごした最高の時間がどんな風に舞台に影響するのか、自分自身とても楽しみです。」だそうです。

小笠原ファンで舞台好きな方は、ご覧になってみてはいかがでしょうか?ニュース記事はこちら。公式サイトはこちら
【関連する記事】
posted by ちちぺん&ぽーとろいど at 08:01| Comment(7) | 小笠原の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
> 窪塚洋介さん、来島されていたんですね。全く知りませんでした。

私は窪塚洋介さん自体を全く知りませんでした(汗
Posted by 島民A at 2015年09月04日 11:04
ご安心ください。実は私もです。(爆)
Posted by ちちぺん&ぽーとろいど at 2015年09月05日 07:27
怪獣の島って大戸島の事じゃないの?

I can fly!の人ですよ。
Posted by gecko at 2015年09月05日 20:33
これ、いっそのこと「北京原人」みたいなカルト映画を狙ったほうがいいんじゃ・・・
Posted by ペーパーリピーター at 2015年09月06日 08:00
>I can fly!の人

その出来事すら知りませんでした(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
Posted by ちちぺん&ぽーとろいど at 2015年09月08日 21:53
うおー。なんというワシ得情報。
自称島一番の昭和怪獣オタクのワシは、かつて、その名も『小笠原怪獣ランド』というWEBサイトを運営していたもんじゃよ。
舞台がヒットして、映画化なんかされたら嬉しいのう。
全編、小笠原ロケで♪
Posted by くろざえもん at 2015年09月22日 09:07
>全編、小笠原ロケで♪

いいっすね〜♪
Posted by ちちぺん&ぽーとろいど at 2015年09月23日 23:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]