2015年07月22日

(続)検察審査会制度

そして今日は台風以外のネタ(^^)/

昨年の12月に、「検察審査会制度」からお誘いの手紙が来たお話を書きましたが、この度また手紙が届きました。しつこいったらありゃしない。(笑)

image/2015-07-21T183A423A53-1.jpg

「質問票」
平成26年11月18日付け「検察審査会候補者名簿への記載のお知らせ」でお知らせしたとおり、あなたは「東京第二検察審査会の検察審査員候補者」に選ばれましたが、検察審査会事務局から以下の2点について質問させていただきます。
 質問1 検察審査会となることができない方にあたるかどうか。
 質問2 辞退できる事由があるかどうか(辞退を希望される方のみ)。
(以下省略)

検察審査会についての詳細はこちら

常識的に考えて、小笠原在住者がこんなのに参加できるわけがありません。なので、「辞退するために必要な事由」の項目の中の「重い病気、長期海外旅行又はその他の「やむを得ない事情」がある」にチェックを付け、おがさわら丸の時刻表を同封して返信しました。もしこれで選ばれるようなことがあれば、検察審査会はドSとしか言いようがありません(笑)。

ここでクイズを。
「次のうち、検察審査員になることが出来ないのはどれでしょう?」(複数あり)
(1) 行政書士
(2) 医者
(3) 教員 
(4) 学生生徒
(5) 地方公共団体職員
(6) 市町村長
(7) 国会議員
(8) 自衛官
(9) 宮司(神職)
(10) 70歳以上

意外と難問だと思いますが、あなたはわかりますか?正解は後ほど。
posted by ちちぺん&ぽーとろいど at 13:55| Comment(1) | 趣味/個人ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
正解は、(6)と(8)でした。

なお、(3)、(4)、(5)、(10)は、「辞退するための事由」に該当するため、なることも出来ますが、無条件で辞退することも出来ます。

また、(7)の国会議員については、会期中であれば「辞退するための事由」に該当しますが、閉会中は該当しないため、検察審査員に選ばれた場合は引き受けなければなりません。これは地方議会議員についても同様です。
Posted by ちちぺん&ぽーとろいど at 2015年07月23日 12:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。