2015年07月18日

まさかの展開

小笠原直撃の予報で、おが丸を欠航に追い込んだ台風12号が、本日、熱帯低気圧に変わりました。まさかまさかの展開です。

昨夜、台風の予想進路が、小笠原直撃の予報から、逸れる予報へと急に変わり、良かった良かった!と喜んでいました。それが一夜明けたらさらにスゴイ展開に!誰がこんな結末を予想したでしょうか?

この熱低が再度台風になるのか、それともこのまま消えるのかわかりませんが、欠航になった22日発便に乗船予定だった方々にしてみれば、やるせない思いだけが募っていることと思います。台風が来なくなったことは喜ばしいのですが、その方々の気持ちを考えると素直に喜べません。

台風に振り回されっぱなしの7月。来月は安泰な月になりますように。
【関連する記事】
posted by ちちぺん&ぽーとろいど at 21:21| Comment(8) | 小笠原の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
中心付近の最大風速が基準を下回った、というだけで消滅ではありませんので、まだ安心できません。
珍しいことではありますが、激レアでもありません。俗に言う復活台風の例も結構あります。
ちなみにその場合、台風の番号は継承されます。
進路も、夏台風の低緯度では迷走する事も良くありますので、復活して小笠原方面に向かうこともありますので、要ワッチです。

個人的には11号が温低化前に熱低になったのがビックリ。
Posted by Sahara at 2015年07月18日 22:29
海運は「判断ミスだ」とか責められかねないですが、台風の予測の難しさをつくづくと思います。22日〜23日にどうなるかはまだわからんし。

11号が日本海に抜けても熱低で、そのまま消失したのには私も驚いた、っていうか初めて見た。「そんなこと理論的にありえるのか」って思ったな。でも例の風向きのサイトを見ても、最後まで同心円状のきれいな渦巻きのままで、熱低にしか見えなかったわ。
Posted by ペーパーリピーター at 2015年07月19日 08:28
>消滅ではありませんので、まだ安心できません。

そうなんですか?ウソでもいいから「もう安心」と言って!(笑)

>海運は「判断ミスだ」とか責められかねないですが、

決定を下した時点では直撃の予報だったわけですから、悪いのは海運さんじゃなくて予報機関ですよね(笑)。まあ決定が早すぎたような気はしないでもないですが、それは結果論ですからね。仕方がないんじゃないでしょうか。

でも、早い段階での5日間予報は驚くほど当たりませんね。11号も12号も当初は小笠原直撃の予想だったわけですからね。ってことは、早い段階で直撃の予想が出ている時は安心で、逸れる予想の時のほうが逆に危ないってこと?何を信じれば良いのかわかりませぬ(苦笑)。
Posted by ちちぺん&ぽーとろいど at 2015年07月19日 20:51
復活!
それほど発達はしないようですが。
http://chichipen-blog.seesaa.net/article/422678144.html
Posted by ちちぺん&ぽーとろいど at 2015年07月20日 12:20
ぺーさん<
たぶん偏西風が平年より北寄りになってるせいで、寒気の流入が無かったからじゃないかと推測しています。
Posted by Sahara at 2015年07月20日 13:42
「台風の熱帯低気圧と温帯低気圧への変化について」
http://www2.jrt.co.jp/cgi-bin3/memo/memo.cgi?no=177
Posted by ちちぺん&ぽーとろいど at 2015年07月20日 21:25
「前線とは何か」「寒気が入るとはどういうことか」という事がはっきりわかるのであるよ。
http://earth.nullschool.net/jp/
Posted by ペーパーリピーター at 2015年07月21日 21:24
予報士は発達しないと言っていたのに、結局発達しましたね。

「台風12号 23日09時」
・中心気圧 955hPa
・最大風速 40m/s
・最大瞬間風速 60m/s

逸れてくれて本当に助かりました。
Posted by ちちぺん&ぽーとろいど at 2015年07月23日 11:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]