夏空広がる小笠原、連日暑い日が続いています。真夏でも朝晩は涼しいのが小笠原の美点なのに、今年は夜になっても全然気温が下がりません。これはおかしい!ということで、昨年と今年の7月1日~9日の気温を調べてみました。

(左が今年、右が昨年の平均気温。括弧内はその日の最高気温と最低気温)
7/1 28.1(30.6 25.8) 25.4(27.8 23.9)
7/2 28.0(31.3 25.2) 25.5(27.1 24.1)
7/3 28.0(30.6 25.8) 25.3(26.8 24.1)
7/4 28.0(30.7 24.7) 25.5(28.5 23.2)
7/5 28.8(31.3 26.5) 26.8(30.2 23.2)
7/6 29.2(31.0 27.3) 27.7(30.6 26.0)
7/7 29.4(31.3 28.1) 26.9(29.1 25.9)
7/8 28.8(31.9 27.1) 26.4(28.4 25.4)
7/9 28.6(32.8 26.1) 26.6(28.4 25.4)

数字は嘘をつきません(笑)。比べてみると一目瞭然、今年は異常だということがわかります。昨年は平均気温が28度を超えた日は一日もないのに、今年は全ての日が28度超え。暇人な私がさらに調べたところ、このようなケースは1991年以来だということが判明しました。どうりで暑いわけです。

ちなみに、1991年の時は7月10日に28度を下回っています。1969年の観測開始以降、7月10日も28度を超えて10日連続となったことは一度もありません。記録更新なるか?今日の気温には大注目です。

工事現場などの屋外作業ではバタバタ人が倒れているという噂も。来島される方は暑さ対策を万全になさってください。