2013年11月12日

アイソン彗星

今年は彗星の当たり年で、もうまもなくアイソン彗星が見られます。非常に明るい大彗星の姿が期待されていますが、国立天文台の解説によると・・・

 「一般的には、彗星がどの程度明るくなるか、コマや尾がどのような見え方になるかの予測はたいへん難しいものです。過去、太陽に非常に接近した彗星は、近日点通過の前後に急激に明るくなり、長く立派な尾が観測された例があったことから、アイソン彗星も立派な姿が見られるのではと期待されています。
 しかし一方で、太陽に極端に近づく軌道を持つ彗星の場合、近日点通過の際に、彗星本体が分裂したり崩壊したりして、姿を消してしまう可能性もあります。彗星が分裂・崩壊せずに近日点通過後も元の姿をとどめるか否かは、彗星本体の大きさやもろさとも関係します。近日点通過後のアイソン彗星が、どのような姿で再び私たちの前に現れるかは予測が難しいところです。」

・・・だそうです。綺麗に見えることを期待して楽しみに待つしかありませんね。

小笠原の夜空はとても暗いため、星が綺麗に見えることで有名です。この時期に来島すれば星とアイソン彗星をダブルでお楽しみいただけるかもしれません。多くの皆様のご来島を心よりお待ち申し上げます。
posted by ちちぺん&ぽーとろいど at 12:25| Comment(0) | 小笠原の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]