2013年08月22日

ベニヒメトンボ

ポートロイドの庭に一匹の赤いトンボが・・・

image/2013-08-22T19:02:41-2.jpg

拡大してみると・・・

image/2013-08-22T19:02:41-1.jpg
(携帯電話での撮影につき画像が荒いのはご勘弁)

ベニヒメトンボです。若い個体なのでこんな色ですが、何日かすると全身真っ赤になります。広域分布種ですが、実は日本では小笠原だけでしか見れない貴重なトンボです。

小笠原の赤トンボというとシマアカネが有名ですが、現在は父島、母島、南島等ではシマアカネを見ることはできません。島民の方が「シマアカネを見つけた!」とか、観光客の方が「ガイドさんがシマアカネを見せてくれた!」と仰っていることがありますが、残念ながらそれは誤りで、その赤いトンボの正体はほぼ100%の確率でベニヒメトンボです。もしシマアカネであったとしたら世紀の大発見ということになります。

父島からシマアカネがいなくなった原因はグリーンアノールだと言われています。元々はペットとして持ち込まれたトカゲなのでとても綺麗なのですが、強すぎるのが玉にきず。写真の被写体としては最高なんですけどね・・・。

13_08_22a.jpg
幼いグリーンアノール
posted by ちちぺん&ぽーとろいど at 20:33| Comment(2) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こちらに来てとても身近になったのがトンボ。数が圧倒的で100を越える群や貴重種も多く、中には海を越えて来る種類もいて姿形も特徴的です。100mmマクロが大活躍。トンボ出版の「トンボのすべて」がお薦め。
Posted by シロワニ at 2013年08月23日 09:45
私の100mmマクロは防湿庫の肥やしになっています(苦笑)
着発が終わったらレンズをいっぱい抱えて写真を撮りに行かねば!
Posted by ちちぺん&ぽーとろいど at 2013年08月23日 21:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]