2007年03月14日

カモメはカモメ、クジラはクジラ

昨日、こんな事故が起きてしまったそうです(小笠原ではありません)↓

「巨大クジラが船襲撃で男性死亡」(スポニチ)
(〜抜粋〜)クジラのヒレの部分にロープをかけて沖へ逃がそうと作業をしていたところ、クジラが突然暴れ、近くにいた小型漁船に2度体当たりした。岸に詰めかけたテレビカメラや地元住民の目の前で漁船は転覆。乗っていた3人が海に投げ出された。2人は直後、近くの船に救助されたが、山本さんは行方不明になり、午後5時10分ごろ、地元消防のダイバーが海底で発見。すぐに同市内の病院に搬送されたが、同55分に死亡が確認された。(記事全文

所詮クジラはクジラ、人間の考えなど理解出来ようはずがありません。亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

小笠原は鯨類と深い関わりがあるだけに、とても他人事とは思えないニュースです。このような事故を防ぐためにも、人間と野生動物との一線を再確認しておくことが必要かもしれませんね。


【3/14の島内行事】
・平成19年第1回村議会定例会
・遊漁船業務主任者講習会
・村民意見相談提
posted by ちちぺん&ぽーとろいど at 09:48| Comment(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]