2013年03月03日

卒業式

今日は小笠原高校の卒業式でした。

ここ数年、父ペンとポートロイドでは、繁忙期のバイトを小笠原高校の生徒さんにお願いする機会が多くなっているのですが、高1の時から働いてくれていた娘が、「お世話になりました。無事卒業することが出来ました。」とわざわざ挨拶に立ち寄ってくれました。歳をとって涙腺が弱くなってきているオジサンは不覚にもうるっときちゃいました。

島の高校生は卒業すると大半が島を離れます。いずれ戻ってくる子もいれば、そのまま都会での生活を続ける子もいます。そんな卒業生たちに送られる歌は「アオウミガメの旅」。小笠原の卒業式の定番ソングです。(動画はこちら
【関連する記事】
posted by ちちぺん&ぽーとろいど at 22:47| Comment(2) | 小笠原の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そりゃ、あんな素直で可愛い子達から挨拶されたら・・・  私の分までウルウルして下さい。
それにつけても、「アオウミガメの旅」は聞くと楽し気だけど、歌詞を読むと、グッときますな。
Posted by シロワニ at 2013年03月05日 20:36
Mちゃんは14日便で上京します。
Kさん達と歓迎会やってあげてくださいな!(笑)

>「アオウミガメの旅」は聞くと楽し気だけど、歌詞を読むと、グッときますな。

卒業式で歌われたり、フラで踊られたり、本当に名曲だと思います。
ちなみに作詞の町田先生は私の弟が小学生の時の担任、
作曲の大浜先生は私が中学生の時の音楽の先生です。
現在はお二人とも沖縄のほうの離島でお暮しとのこと。
久しぶりにお会いしたいなぁ。
Posted by ちちぺん&ぽーとろいど at 2013年03月07日 21:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]