2012年11月13日

エゾビタキ

エゾビタキ@渡り鳥。洲崎にて。

12_11_13a.jpg 12_11_13b.jpg 12_11_13c.jpg 12_11_13d.jpg

餌を求めて一羽だけでさまよっていました。先だって紹介した「ハシグロヒタキ」と姿形が似ていて小さいので、洲崎に行ったところでいきなり見つけるのは結構大変かもしれません。

調べてみたところ、エゾビタキはスズメ目ヒタキ科、ハシグロヒタキはスズメ目ツグミ科とのこと。スズメ目と聞いても私のような素人はスズメ?としか思い浮かびませんが、スズメ目には、ウグイス科、モズ科、ヒヨドリ科、メジロ科などそうそうたるメンツが含まれています。意外に感じるところではカラス科もスズメ目なんだそうです。詳しくはこちら

鳥の世界は奥が深すぎてどこから勉強すればよいのやら・・・まずは図鑑を買わなくっちゃ!
posted by ちちぺん&ぽーとろいど at 22:06| Comment(17) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
鳥図鑑、どうせ買うのなら初めから気張って下さい。以前お知らせしたのがお薦めですが、現物は見られないですね。Amazonでのレビューが良いかと思います。絵図鑑は生態等の情報が充実しています。一方、写真図鑑は当然視覚情報が充実しています。
図鑑の次は、もちろん双眼鏡です。これは国産ではコーワがお薦め。ケンコー等のズームは決して買わないこと。次はレンズ+雲台+三脚。
ウッフッフッフ。そうそう、スコープがあると鳥だけでなくウエザーからクジラがよく見えますよ。    これぞ鳥見6点セット。
上記全て、ヨドバシに揃っています。
Posted by シロワニ at 2012年11月14日 19:47
これだけアイテムを揃えると、「スワっ、珍鳥来島!」って時に出動に手間取るでしょう。で、これらを一括保存して、尚かつ輸送できる「リモア」の一番小さいスーツケースがお薦めです。
こりゃ、いくらお金があっても足りませんな、、。
Posted by 泉屋 at 2012年11月14日 20:18
>現物は見られないですね。

1月に上京するのでその時に書店で実際に見て選びたいと思います。
アドバイスありがとうございます!

>双眼鏡です。これは国産ではコーワがお薦め。

島の鳥師匠にはスワロフスキーを勧められました。
お値段を調べてビックリ!この値段だったらレンズのほうにいっちゃいそうです(笑)
Posted by ちちぺん&ぽーとろいど at 2012年11月14日 21:03
とうとう、パナのFZ200がCanonSX50SHより高くなってしまいました。鳥撮りコンデジでは最高でしょう。買わないと気が済まなくなってきた。
双眼鏡どころの話ではない。
双眼鏡は、マルチコーティング、窒素かアルゴン封入、ちっと重いけどアルミ等の金属ボディ、倍率は8か10、対物径は42mmか35mm。
小さくて軽い物もあります。でも晴天にはあまり違いは分からないが、夕方等ちょっと暗くなった時にネスカフェですよ。
既に、実感されていると思いますが、光学品は値段相応です。
Posted by シロワニ at 2012年11月15日 20:48
>買わないと気が済まなくなってきた。

「買いたい時が買い替え時」byチュートリアル徳井
年末年始の小笠原でのデビューをお待ちしています!
Posted by ちちぺん&ぽーとろいど at 2012年11月16日 17:56
色々調べたところ、キヤノンの手ブレ補正付きに魅力を感じています。
次の中から選ぶとしたらどれが良いですかね?
「バードウォッチャーに人気の12倍」の売り文句を信じるべきでしょうか?
http://cweb.canon.jp/binoculars/lineup/index.html
主な用途は鳥、クジラ、イルカ。星見はあまり考えていません。
Posted by ちちぺん&ぽーとろいど at 2012年11月16日 18:12
そのものだけでは素晴しいとは思いますが、重さも考慮して下さい。
双眼鏡だけで満足できるのならスワロフスキーが一番。カメラを持ちながら、場合によってはデジイチ+500mmに三脚+雲台となると荷重は増すばかり。
そんなこんなで、獲物や場所でいろいろあり、単眼鏡や双眼鏡は既に4台、三脚や一脚、雲台。底なし沼にお供しましょう。
双眼鏡ですが、私達バーダーが8〜10倍としているのは、ピンポイントで見るのではなく、山の中で探すことを前提にしたり、山陰のような幾分暗い中でもしっかり見ることを前提にしているからです。
Posted by シロワニ at 2012年11月16日 21:05
双眼鏡は私よりも嫁のほうが食いついています。
「非力なので軽いのが良い!だけど手ブレ補正は欲しい!」意外とわがままw

1月の上京時に実物を手に取って選びたいと思います。
アドバイスありがとうございました!
Posted by ちちぺん&ぽーとろいど at 2012年11月17日 08:42
奥様が双眼鏡で鳥を見つけ、それを500mmで撮影する姿が浮かんできます。仲睦まじいオシドリ夫婦。
手振れ補正付きは良いですよ。特にオガ丸船上からの海鳥には最高。
45時間スペシャルクルージングに遭遇すると、鳥島のアホウドリもご覧んになれます。
海鳥と言えば、小笠原で一番多い、海鳥だけの図鑑がありお薦めです。詳細はこちらで。http://www.bun-ichi.co.jp/magazine/tabid/89/Default.aspx
Posted by シロワニ at 2012年11月19日 21:17
>仲睦まじいオシドリ夫婦。

ウィキより。
「仲が良い夫婦をおしどり夫婦と呼ぶが、生物学的に、本物のオシドリは冬ごとに毎年必ずパートナーをかえる。オシドリに限らずカモ科鳥類は全て、必ず毎年パートナーをかえ同じオスと二年以上過ごすことは絶対ない」
Posted by ちちぺん&ぽーとろいど at 2012年11月21日 09:17
スワロ,ツァイス,ライカ・・・
このレベルまでいくと好みの世界ですかねえ・・・
それぞれのブランドで色味が違います.
私はライカユーザーですが,そこまで出さなくてもよかったです(笑)
次はとあるメーカーのアウトレットかな^^

倍率は慣れているのがよいと思います.
現在の持っている倍率と同じにするのがお勧め.
大きさの違和感がなく導入できます.

スタビライザーはあるのはよいですが,電池やジャイロが入り,その分重くなりますので,ご注意を.
Posted by KNO at 2012年11月22日 16:34
KNOさんお久しぶりです!
KNOさんのせいで鳥にハマっていますよ!^^

>このレベルまでいくと好みの世界ですかねえ・・・

形から入るタイプなので目移りして困っています^^;

>次はとあるメーカーのアウトレットかな^^

とあるメーカー?双眼鏡にもアウトレットがあるんですか?

>電池やジャイロが入り,その分重くなります

上京時に実際に触って確かめたいと思いまーす!
Posted by ちちぺん&ぽーとろいど at 2012年11月22日 18:12
とあるメーカーのアウトレットは知りませんが、主だった双眼鏡メーカーの中級機を一手に製造しているのが鎌倉光機。私も鎌倉光機製MINOX(ドイツメーカー)の双眼鏡を持っています。コーワやNikonの5万クラスよりもずっと良くて3万程度だったかな。
結局そのメーカーの仕様で作るので質は落ちていません。細部の仕上げはmade in Japan。
アメリカメーカーの日本製ナイフがアメリカ製をしのいでるのと同じ。
Posted by シロワニ at 2012年11月22日 19:58
>アメリカメーカーの日本製ナイフがアメリカ製をしのいでるのと同じ。
それは10年以上昔の話だね。
今は、機械仕上げで精度を出すタイプが主流なので
設備投資と品質管理のしっかりしたアメリカ製の方が上。
日本の得意だった手仕事で精度を出すタイプは世界的に流行じゃないし
まともに出来る職人さんも減ってるし、メーカーの検品もお粗末なので
昔日の面影今いずこって感じだよ。
刃物の生産システムから言って特定のブランドだけの話じゃないんだよね。
Posted by gecko at 2012年11月23日 09:44
ちなみにニコンやキヤノンの双眼鏡はmade in Japanなんですかね?
今や一眼レフや交換レンズですらmade in chinaだったりしますからね。
メーカーさんはせめて一眼レフくらいはmade in Japanにこだわってもらいたいものです。

とか言いつつ、ナイフの場合はmade in Japanよりmade in USAのほうが格好良いような気がするのは私だけ?
Posted by ちちぺん&ぽーとろいど at 2012年11月23日 20:07
Canonは知りませんが、Nikonはあるランク以上がjapan。
kowaは、私のは従来からの定番機種でjapan、最近廉価版が出たけどそれは国産でも鎌倉製でしょう。
10万越えの高級機種は国産でもありますが、私の知り合いではカメラなしのセレブな奥様、プロ系のビデオ屋がスワロ、ツァイス、ライカを使っている方が多いでしょうか。カメラ派にとって、双眼鏡は被写体を探す手段です。
でも、奥の深道・・・こんな方もいます。
http://www003.upp.so-net.ne.jp/camera-bino/

刃物はやはり日本刀が極みでしょ。
国産品を買って、日本を元気にしましょう。
だから、海外よりも小笠原。
Posted by シロワニ at 2012年11月24日 10:46
>国産品を買って、日本を元気にしましょう。
>だから、海外よりも小笠原。

良い締めで(笑)。チャンチャン!
Posted by ちちぺん&ぽーとろいど at 2012年11月25日 21:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]