2012年11月03日

トウネン

トウネン@渡り鳥。奥村グラウンドにて。

bird001.jpg bird003.jpg bird005.jpg bird006.jpg

鳥自体は大して珍しくないのですが、足環をしているのは結構レアだそうです。鳥に詳しいW氏・H氏・C氏に調べていただいたところ、

『宮城県鳥の海で装着された個体のようです。山階鳥類研究所のHPで「渡り鳥と足環」のページがあります。その中にシギ・チドリのフラッグのことが出ています。報告内容も明示されていますので、山階鳥類研究所に報告した方がよいと思います。山科鳥類研究所の下記のページを見てください。
http://www.yamashina.or.jp/hp/ashiwa/ashiwa_index.html#14
このページの下の方に「フラッグの付いたシギ・チドリ類を見つけたら-あなたの観察報告で鳥たちの渡り経路が解明されます」という記事があります。』

とのことでしたので教えに従って報告させていただきました。

しかしまさか宮城県から飛んできたとは!あらためて鳥の凄さを実感!
posted by ちちぺん&ぽーとろいど at 05:57| Comment(10) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨日、我孫子で開催されているジャパンバードフェッシバルに行ってきました。ニッチなメーカーからの望遠レンズをはじめ三脚や双眼鏡の即売会。最後に山階鳥類研に行きましたが、何せ、山階芳麿という皇族の世界のことで私のような者には、敷居が高く感じました。足環については、小笠原からの報告は貴重な資料になる筈です。
場内をブラブラスしていると、各地の観光協会も多数見られ。なんとメグロ君がいました。小笠原観光協会の方とこの年末年始便のチケットはどうなるの?なんて話はしましたが・・・

Posted by シロワニ at 2012年11月04日 11:43
こんなイベントがあるんですね。
メグロは母島からの参戦かな?
母島観光協会のブログに記事がありました。
http://hahajima.seesaa.net/article/299640182.html
Posted by ちちぺん&ぽーとろいど at 2012年11月04日 21:59
既に10年前にはありました。
観光協会であることは確認しましたが、父か母かの確認はしませんでした。いつまでも通い婚なのか別居してないで、父母同居すればいいのに。
母島観光協会の可能性が高いです。ブースにいた小笠原出身のバイトの学生が父ペンのことを知らなかったです。
Posted by シロワニ at 2012年11月05日 20:20
>小笠原出身のバイトの学生が父ペンのことを知らなかった

一般島民は宿のことなんかほとんど知らないと思いますよ。
だって利用する機会なんかありませんからね。
Posted by ちちぺん&ぽーとろいど at 2012年11月06日 21:40
ここ2〜3年は足が遠のいていますが、「ジャパン・バード・フェスティバル」には何度か足を運んだことがあって、その時は母島観光協会と母島で鳥を研究されていると思しき方々が参加していました。

母島でいつも利用している宿のサイトの掲示板で、この行事を知った次第です。
Posted by 初田 at 2012年11月06日 23:36
港で会った母観のO氏が「仕事で上京」と言っていたのはこのイベントだったんだ!

母観が出て父観が出ていないってことは無いと思うのですが・・・。
父島にはメグロはいないけど、アカガシラカラスバトやオガサワラノスリがいますからね。
今度確認しておきます。
Posted by ちちぺん&ぽーとろいど at 2012年11月07日 11:04
確認したところ、父観は参加していないそうです。
Posted by ちちぺん&ぽーとろいど at 2012年11月07日 19:00
山階鳥類研究所さんからお返事をいただきました。

「この度は父島の奥村で観察されたフラッグ付きトウネンの記録をお送り下さりありがとうございました。
フラッグの位置と刻字から、この鳥は2012年9月17日に仙台近郊の亘理町鳥の海で放鳥されたことがわかりました。放鳥時は性不明、幼鳥とされており、金属足環の番号は 2AE-27273でした。

フラッグを付けたシギ・チドリが小笠原で観察されるのは極めて珍しく、過去に一例あるのみでした。大変貴重な記録となり放鳥者もとても喜んでおられます。データベースには20120249のIDで登録いたしました。」

お役に立てて良かった!頑張って他の鳥も探そうっと!
Posted by ちちぺん&ぽーとろいど at 2012年11月07日 19:01
ほーら、喜ばれた。これからの励みになる。
いいレンズはきれいに撮れます。
いいレンズは重いです。
いいレンズを買うと、いい雲台といい三脚が必要です。
だから、いいレンズを欲しくなってはいけませんよ。
Posted by シロワニ at 2012年11月07日 20:34
あ!熊の囁き!
Posted by ちちぺん&ぽーとろいど at 2012年11月07日 23:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]