2008年12月05日

観光船

年末年始まであと3週間あまり、ご来島される皆様はそれを励みに御仕事を頑張られていることと思います。あまり無理をして、体調を崩されては元の木阿弥ですので、どうかほどほどに!(笑)

さて、年末年始に小笠原に入港する船は、おがさわら丸だけではありません。いわゆる「観光船」と呼ばれる船も入港してきます。
・「いしかり」(400名) 12/31 7時入港〜1/1 13時出港
・「きそ」(700名) 12/31 11時入港〜1/2 16時出港

二見湾の沖合いに停泊しているため、風景写真好きの人は普段と変わった光景に興味をそそられるのではないでしょうか?ぜひ狙ってみてください。


【12/5の島内行事】
・国有林入林申請、簡易講習(母島〜6)
・健康診断、肺がん検診申込締切
【関連する記事】
posted by ちちぺん&ぽーとろいど at 18:37| Comment(9) | 小笠原の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
12/31はおが丸の着発日
昼食を食べるのは絶望的・・・・・
おが丸の入出航時は通船は止めるのかな?
そうすると「きそ」のお客さんはいつ下船するんだろう?
大混乱の予感
Posted by gecko at 2008年12月06日 10:39
>昼食を食べるのは絶望的・・・・・

言われてみればたしかに。

>おが丸の入出航時は通船は止めるのかな?

これまたたしかに。思いっきりかぶってますね。

>大混乱の予感

これで天候が悪くなったりしたら…恐ろしや恐ろしや。
Posted by ちちぺん at 2008年12月06日 19:24
http://www.n-l.co.jp/
この観光船ツアー、ツッコミどころ多数なんですけど。ちなみにここには「きそ」しか掲載されていないけど、「いしかり」はどこが企画しているのだろう?

2船合わせて1100名なんて、定員が埋まるんだろか?だって小笠原2泊っすよ。79,000円(おがまる2等船室相当)ってのも、微妙な金額。ただ、これには停泊中の宿泊費込みだけど。ちなみにロイヤルスイートは1人、420,000円ってのもちょっとすごい。

小笠原まで26.5時間という速度も結構意外。思ったより早いじゃん。到着予定が12:00で通船による上陸開始が13:00頃。これたぶん、おが丸の混乱を防ぐための処置ですね。船内で待ちぼうけを食らう「きそ」の乗客の暴動は必至だな(笑)。

「きそ」も「いしかり」も大平洋フェリーですよね?年末年始、フェリーの需要ってないのかな。ないから、小笠原に回してるのかな?(大きなお世話?)

ただ、「きそ」は15,000tあるからおが丸に比べると余裕がある。初来島にはいいのかもしれない。この中の何割かでもリピートしてくれれば、万々歳ですね。

Posted by ペーパーリピーター at 2008年12月09日 19:10
おっと「いしかり」はここにあったぜ。
http://www.cruiseplanet.co.jp/jap/jp_ishikari_081229.htm
って、名古屋発着かよ!
食事付きとはいえ、125,000円からってのも強気な設定だよなあ。
Posted by ペーパーリピーター at 2008年12月09日 19:16
>2船合わせて1100名なんて、定員が埋まるんだろか?

「きそ」はほぼ満員になっているようですね。「いしかり」の空き状況は掲載されていませんが、恐らく同じような状況だと思われます。ちなみにこれらの観光船は、他の時期に来る時でもほとんど満員になっているそうですよ。

高額で、滞在時間が短く、通船での上陸だというのに、何故これだけ集客出来るのでしょう?それだけクルーズ人気が高いということなのでしょうか?とても不景気だとは思えませーん!
Posted by ちちぺん at 2008年12月10日 08:45
>ロイヤルスイートは1人、420,000円ってのもちょっとすごい。

何室あるのかわかりませんが、見事に満室になっていますね。そう言えば、春に来た「にっぽん丸」には、泉ピン子さんや橋田壽賀子さんが乗船されていましたっけ。「きそ」や「いしかり」にも芸能人が乗っているかも?
Posted by ちちぺん at 2008年12月10日 08:53
それだけ「船の旅」の潜在人気が高いのだとすれば、それを掘り起こしてこなくっちゃ。
いままで時間と金に余裕のある中高年を対象にしたツアーなんて企画されたことないもんな。もっとも、リピーターが自然に高齢化しているという実態はあるわけだが(^_^;)
屋久島なんか、こういう意味での観光客の開拓に成功していると思う。女性の一人旅も多いらしいし。
Posted by ペーパーリピーター at 2008年12月10日 09:34
小笠原の問題は一部の業者以外は観光船の客に興味が無いって事だと思うね。
宿はおが丸のスケジュールに合わない客は無視のところが多い。
飲食店は昼食が混むくらいでさほど期待できないから関心も薄い。
昼のガイドもどうかなぁ。
基本的にハイシーズンにしか来ないので、おが丸の客で十分と思ってるんだろうね。
ただ、土産物屋にとってはおが丸とは客単価が違うみたいで有難い様だね。
Posted by gecko at 2008年12月10日 22:57
>中高年を対象にしたツアーなんて企画されたことないもんな。

今はこんなのがありますよん↓
http://www.e-ogasawara.com/
新たな客層の取込みは始められていますし、急激に伸びてもいます。

>一部の業者以外は観光船の客に興味が無い

「興味が無い」のではなく、諸々の事情により「受入れが出来ない」のです。その原因は、通船というシステムにあります。港に停泊出来るようにさえなれば、それらの問題のほとんどは解決されるのですから、改善策を考えなくてはならない時期に来ているように思います。

個人的には、いつ実現するかわからない飛行場よりも、港湾の整備を行って観光船の受入れ態勢を整えたほうが、手っ取り早いうえに観光業への恩恵は大きいように思います。海外からの船舶や、こんなクルーズ船↓(ツアーの最後が小笠原での皆既日食観察)も寄港してくれるようになるかも?
https://www.ytk.co.jp/cruise/asuka2_as090412b.html
Posted by ちちぺん at 2008年12月11日 07:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]