2008年10月30日

燃料油価格変動調整金の動向

今日のおがさわら丸の入港時刻は12時00分、乗客数はなんと457名!今便は小笠原協会主催の「交流ツアー」が激安価格で催されているため、この時期としては驚きの乗客数となりました。

やっぱり値段は大事なんだなぁとあらためて実感。元々の運賃自体が安くなることを望むのは厳しいにしても、せめて燃料油価格変動調整金は早く撤廃されてもらいたいものです。

ちなみに11月から1月の2等片道運賃は以下のとおり。( )内が調整金額です。
<11月> 27310円(4740円)
<12月> 26300円(3730円)
<1月>  24270円(1700円)

急激に安くなっていることがわかりますね。この調子でいけば、来年のGW頃には、元の価格を下回って逆に還元されるかも?なーんてことを夢見る今日この頃です。


【10/30の島内行事】
・入港日
【関連する記事】
posted by ちちぺん&ぽーとろいど at 22:58| Comment(0) | 小笠原の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]